FC2ブログ

記事一覧

ラダーの基本8種

動画:The 8 basic Tipped Sonics ラダーの基本8種

2年前に書いた記事(Sunrise氏の表記法案を用いたラダー系トリックの考察)の続編です

◇内容
分かりやすさを最優先に、ここ3年くらいのアイデアをまとめました。なるべく多くの人に伝わるように、抽象的な概念であるShiftには触れず2次元的なソニックとして記述し、ラダー自体の定義論みたいな誰も答えを知らない内容は捨てました。定義は偉い人に任せて現系を突き詰める方がいい。

ラダーはよく見ると8種類くらいあって全部別々の動き方なんだ、ということがとりあえず伝わって欲しいです。

◇動画のコンセプト
Fel2のThe 8 main Powerpassesに影響を受けてます。
10年20年経っても参考になる動画、がコンセプト。誰が参考にするんだ感はあるけど気持ちの問題で。
ラダーはパワーパスなんかと比べるとめちゃめちゃ地味な技で需要もかなり少ないと思いますが、現状ラダーの扱いが余りにも雑なので後世に同じことを考えるスピナーのためにも残そうと思って作りました。

◇英語意味あるの?
論文ごっこで遊べる・世界に起源を主張できる・勉強になる、の3拍子。自己満足
芸術家ごっこ、部活ごっこ、有名人ごっこ、と様々なごっこ遊びが無傷かつ無料でできるのでペン回しは神

真面目な話アイデアを形に残して主張しないと後に残る可能性が失われるし海外勢に英語で殴られた時に負ける。Youtubeっていう凄いプラットフォームがあるので残せるものはできるだけ動画で残す、残したい文章は簡単に英語で残す、としたほうがいい。高校英語、Google先生、Beige先生を駆使して書きました。

◇編集
Tools:Keynote, iMovie, iPhone
解説動画は2作目(前作:指曲げチャージの解説)。動画編集スキルがないのでこういう動画は作れないと思い込んでいたけどkeynoteやpowerpointでいけると聞いて飛びついた。スライドを作ってからムービー出力して、ペン回し動画だけ後付けすると簡単にできるので皆さんお試しあれ。CV作れそう。

スライド作成は元々FS組むみたいな感覚で好きだったけど、仕事柄簡素なデザインしか作ってこなかったので悩んだ。
せっかくなのでレイアウトとか配色について調べながら作って普通に楽しかった。でも仕事だったら苦痛なんだろうな。

◇今後
来年度からは現実が忙しいはずで、今月は偶然暇なので今のうちと思って一気に仕上げました。もう心残りはない。
ラダーについては続編のアイデアは沢山あるけど今回で満足したので多分やりません。スライド動画作るのは色々と勉強になるのでゆるく続けたい、面白い題材があればやります。
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして、Sunriseと申します(お久しぶりです、でしたらすみません)。
ふと思い立ってJapEnシリーズやJEBを眺めていたところ、ディスカッション板にて面白いトピックを見つけてこちらに辿り着きました。

過去の記事も読ませていただきまして、JEBの移転やサイトの消滅等で当時の定義議論が失われてしまっていることの残念さを痛感しました……。
(Shiftに関するログの公開ありがとうございます!とても嬉しいです)

当時の議論は初代JEBの定義議論板でのいくつかのトピックを除いては、主にチャット、メッセンジャーで行われており、議論のやり取りに関してはその多くが失われてしまったと認識しております。
他方で、私が当時考えていた主な内容・提案は幸いにも大部分をブログ(本コメントURL欄)にまとめておりました。
今見返すとなかなか恥ずかしい文章も多々あり、何年も前から非公開設定にしたまま放置しておりましたが、
当時の議論に参加していた身として何かできることはないかと考え、定義に関連する記事に限定して改めて公開することにしました。
上記ブログの内容が今も(あるいは、当時においても……)有益なものかはわかりませんが、暇つぶしの読み物候補の1つ程度に扱っていただければ幸いです。

なお、当時自らの定義案を体系的に整理し積極的に発表されていたケースとしてはayshさんの軌道式やmigr@ineさんのPenSpinning Explanation Language(PEL)*があります。
個別の定義では多くの議論がありましたが、体系的な整理まで至った例は非常に少なく、現在の私の記憶では上記2つ+拙作案がおおよそ当時の定義案であったかと思います。

今年度からお忙しくなり、ラダー周辺のアイデアにも区切りがついた中で、
コメント欄をお借りして扱いづらい遺物を投下してしまい恐縮ですが、自分の名前を見つけてうれしくなってしまった衝動的な書き込みということで大目に見ていただけるとありがたいです。


* PELに関しては情報が少ないかと思われますので、下記に私の理解を概説します。
その名の通りプログラミング言語を参考とし、オーダーの表記フォーマットの整備に着目された点が特徴です。
具体的には、オーダー中のコメント表記ルール、括弧を使った繰り返し表記、EOFの明記等があります。
個別の技表記についてはFaked、Fingerless、Sonic、Pass等の既存の修飾語・技名をそのまま受け継ぎつつ、
手の回転(掌を上 / 横 / 下に向ける)やペンの持ち替え(toLeft / toRight)等を加えることで表現の自由度が改良されています。

Re: No title

はじめまして、コメントありがとうございます。
拙い内容で大変恐縮ですが、こうして読んで頂けたことは嬉しい限りです。文章に残した甲斐がありました。
Ladderの元々の解釈や発祥について全くわからないままに書いてしまった文なので、何か不適切な部分があれば遠慮なくご指摘ください。

私がJEBを知ったのは2007年頃なのでかつての議論については全く知識がなく、残っている資料も少ない(定義議論に限らず、あらゆる歴史が失われかけています)のでこうして情報を頂けたことをありがたく思っております。PELに至っては名前すら知りませんでした。
現状定義議論は全くの下火で、なんとなく普及している軌道式に満足できなくなった一部の人間だけがSunrise案に辿り着くという状況ですが、Sunriseさんの記事をまた見たいと言うスピナーは私の周りに多数おりましたので、今回こうして再公開頂けたことを喜ぶ人間は私含め多いのではないでしょうか。
もし差し支えなければ今回頂いたコメントについてTwitterで多くのスピナーに拡散できればと思っておりますが、いかがでしょうか?

今後ともご意見いただければ非常に嬉しく思います、この度はありがとうございました。

No title

こちらこそ、このようなきっかけを作っていただきましてありがとうございます。
気恥ずかしくはありますが、拡散していただいて大丈夫です。

なお、軌道式については本コメントURLの魚拓サイトから当時の内容が見られました。
PELに関してはローカルにver.2.0が保存されており、作成者の連絡先は不明ですが私の独断にて先ほどブログにて転載しました。
また、こちらは既に見られているかもしれませんが、当時の議論の様子については初代JEBにまだログが残っております。
コメント投稿時のスパム判定対策のため、こちらのURLは次のコメントのURL欄に記載します。

No title

初代JEBでの当時の議論の一例をコメントURL欄に載せておきます。

Re: No title

ありがとうございます、twitter(@ayanops)に記載させて頂きました。

コメントの投稿

非公開コメント